これは83年『メリノロジー』92年『ドンキホーテの従者』に続く3枚めのソロで、
9年周期でやってくる彗星のような(?)ものです。
 何故ライオンメリーがブルース?と思われる方もあるかとおもいますが、
昔からのブルース好きで、1980年にはマディの前座として
「ウシャコダ」のサポートで、ステージに出たこともありました。
 ブルースとは何か。精神、生きざまということも有るでしょうが、
ピーターバラカン氏いわく「ブルースはユーモアとガッツである」
吾妻光良氏いわく「ブルースは3連である」
ということにこそ、我が意を得たりと感じます。
 娯楽として、大衆音楽としての、そんなカッコイイブルースが好きなんだ
ということを表明したくて今回のこのCDが出来ました。

日本語で歌います。全曲3コード。
ファッツ・ドミノや、ハウリン・ウルフなどのカヴァーも有り
2001.11


1. I'M READY        3'06(A.LEWIS/S.BRADFORD/A.DOMINO)
2. 未来永劫 3'49 traditional
3. 邪魔男 3'07 traditional
4. ストンプ 2'40 traditional
5. FARMER JOHN 3'21(DON HARRIS/DEWEY TERRY)
6. 正義のヒーローのブルース 3'22 traditional
7. HOW MANY MORE YEARS 2'45 (CHESTER BURNETT)
8. THE STUMBLE 3'06 (F.KING/S.THOMPSON)
9. 3人外人 2'48 traditional
10. KANSAS CITY BLUES 2'37 (ROBERT NIGHTHAWK)
11. BOYD'S BOUNCE 3'17 (ROY BYRD)

<戻る